HOME |  お客様のお声 |  アクセス |  採用情報 |  ご予約・お問い合わせ

リンパドレナージュとは

  1. ホーム
  2. サロン・ド・ノーブルについて
  3. ドクターとの提携

ドクターと提携し、ハーバルケアの実践を目指す

ノーブルでは、女性の持つ本来の美しい姿・機能を引き出す事を目指し
体に有害なものの排除を追求しています。

自分たちの目で確かめて本当に良いと判断した物のみお届けしたいという想いから
ドクターと提携し正しい知識とカラダ本来の機能にもっとも良い働きかけを常に研究しております。

大阪大学 名誉教授 永井克也先生のコメント


永井先生「佐藤先生は英国で植物療法を中心とするホリスティック医療を学ばれてリンパドレイネージ の施術の重要性に気付かれ、独自で日本人にあったリンパドレイネージの手法を編み出され、それを教えると共にサロンでも実践されて来られました。

過日サロン・ド・ノーブルでその施術を自分自身受けてみて、自覚のなかった肩凝りや脚の張りが無くなりその施術の素晴らしさ、確かさを確認致しました。」
※個人の感想です


【永井克也先生について】

大阪大学名誉教授
医師・医学博士
株式会社 ANBAS (呼称 : アンバス) 代表取締役社長 ⇒ http://www.anbas.co.jp/

ハーブとアロマを化学する

“よさそう”なものにごまかされてはいけない。
本当に効果があるのかを化学して確かめなければならない」
をモットーに、食べる・嗅ぐ・聞くなど人間の五感に作用する様々なもの
(食品・匂い・音楽)に対して、自律神経を通してその作用機構を解明及び評価されています。
動物の自律神経活動変化を測定して、
大手企業商品(機能性食品、薬剤、アロマ製品、ヘアケア製品など)の機能について
調査・開発協力をされております。


リンパドレナージュの専門知識はこちら
補足:永井先生によるリンパドレナージュの専門知識

「ヒトのNK細胞は末梢血液中では95%以上が活性化型であり、脾臓内でも84%が活性化型である。
リンパ節や扁桃腺内のリンパ球は殆ど活性化されていないが、末梢血液中のリンパ球は全リンパ球の2%しかなく、リンパ節には全リンパ球の40%あるという報告があります。ということは、リンパドレイネージ法 によりリンパの流れを良くして、その中のNK細胞の活性化を高める必要があるのではないかと考えております」

ハーブ・健康法の克力!!

健康科学博士 薬草・ハーブ・栄養学 尾崎寿先生のコメント


「自分の体は自分で守る」
日本人はこのことをもっと考えないといけない。
ハーブとは「自然が贈ってくれたクスリ」であり、医薬品やビタミン・ミネラルの原料となっています。

全てのハーブは、それぞれが目的を持って存在しています。
私達が不調を感じるのは、自身の生活が自然の法則から外れたために
起こった結果であることを知ってください。
その時、身体に優しく、治癒力を高めてくれるのがハーブの力なのです。
簡単に薬に頼ってしまうのではなく、
「自分の体は自分で守る」習慣をつけ、本来の健康を取り戻しましょう。
佐藤先生は、私がずっとやりたかったことを実践しておられるので、
これからも応援し続けていきます!


生ハーブの魅力

サロン・ド・ノーブルでは、毎朝摘み立ての生ハーブやメディカルアロマをふんだんに使い、
リンパの開孔、自律神経を整えるといった身体が本来持っている力を呼び覚まします。
使用するハーブは、農薬を使わない事にこだわり、自社農園で栽培しております。

生ハーブは新鮮なものほど、アロマ効果が高く、有効成分も豊富に含まれています。
特に冬場は、ハーブ自体が成分をギュッと閉じ込めているので、濃い抽出液が出ます。
ハーブの有効成分により、解毒・美白・老化角質除去・抗酸化などの作用が期待できます。


ドクターとの提携で生まれたオイル 《森のくすり箱》

免疫力を上げることで病気予防に!

永井先生のラットを使った研究成果により、
開発されたハーブオイルは、
脾臓の交感神経活動を下げる(グラフ参照)
それはナチュラルキラー細胞の活性が高まることを意味している。
ナチュラルキラー細胞の活性化=ガンを含む腫瘍やウィルス感染に対する免疫機能をUPさせる。

サロンにてお取り扱いしております。(ご購入いただき施術中に使用する事も可能です)


お問合せはコチラ



ハーバルケアお試しキャンペーン

お悩み・ご相談・お問い合わせ



サロン・ド・ノーブルの評判・口コミ

お電話での
ご予約・お問い合わせは
072-809-2131

営業時間
10:00~18:00

定休
火曜日

料金について
当サイトに掲載されているお値段はすべて税抜き価格になっております。

サロン・ド・ノーブルへの道案内、アクセスはこちら

サロン・ド・ノーブル 問い合わせ